国際企業は通常、多様な言語で書かれたeメールや書類、その他データを保持しています。国際訴訟のためであれ、複数国家が絡む調査であれ、あるいは独禁法関連の捜査や単純なデュー・デリジェンスのためであれ、法務の専門家には複数の言語で書かれた文書の検索や整理、レビューをする能力が求められます。

検索とレビューは270以上の言語に対応

カタリストは他のディスカバリ関連企業に先駆けて、いち早くeディスカバリや大規模な文書レビュー用の複数言語による検索とレビューに対応しました。弊社の組込型検索エンジンは最も先進的な複数言語対応の検索技術で、Unicode(UTF-8)に完全準拠しています。

これを使用すると270以上の言語による検索を一つのクエリで行うことができます。弊社は難解な日中韓国語に加え、ロシア語、アラビア語、ヘブライ語、さらに西欧言語(フランス語、ドイツ語、スペイン語など)にも精通しています。

複数言語による検索とレビューの技能を有するコンサルタント

弊社のコンサルティングチームは複数言語が関係する事案の検索とレビューの管理をお手伝いします。弊社は専門的な分析とレビューを行うために、言語ごとに文書を特定、整理します。また検索戦略の策定と遂行のお手伝いもいたします。115以上の言語に堪能な複数言語対応のレビュー担当者から成るチームをご活用ください。

複数言語で国際訴訟をサポート

カタリストは他社に先駆けてeディスカバリや大規模プロジェクト用の複数言語による検索とレビューの提供を開始しました。そのため、弊社のコンサルティングチームはそうした案件で発生しがちな問題の解決に独自の経験を積んでいます。定評ある複数言語の検索とレビュー技術とコンサルティングに関する傑出した専門知識を併せ持っていること、それが弊社の強みです。

関係者の声

「キーワード検索で求めている情報が入手できるのかということは、コンピュータ技術や統計学、言語学の理論とも関係する複雑きわまりない問題です. . . . 弁護士や裁判官にとって、特定の検索用語を使用すると情報開示がうまくいく可能性が高まるという見解をあえて述べることは『君子危うきに近寄らず』に他なりません。こうした話題は専門外の者の知識のおよぶところではないのです . . .」

United States v. O’Keefe
537 F. Supp. 2d 14 (D.D.C. 2008) (Facciola, M.J.)
e-max.it: your social media marketing partner

カタリストについて

独自のツールで訴訟や社内調査などのプロセス効率化に力を発揮し、コストと時間を最小限に抑え、万が一に備えるソリューションを提供しています。

お問い合わせ

合同会社日本カタリスト

107-0052 東京都港区赤坂2丁目8番3号
モドマルシェ赤坂3階
代表電話番号 03-6441-2270
FAX番号 03-6441-2271

info-japan@catalystsecure.com |  Privacy Policy

 


Good article on the complexities of investigations and disputes with both criminal and civil law aspects ...:… https://t.co/3ZXda9mDCX

Great article featuring our VP of Marketing Bob Berger on content format challenges in #ediscovery.Full article here https://t.co/uifzckBZfX

Conducting Effective Internal Investigations: A Checklist for In-House Counsel https://t.co/TDFgZHOKct via @CorpCounsel #eDiscovery