いまや、国際社会を舞台とした訴訟や調査は珍しい出来事ではありません。それにつれて、国際的なサポート体制も必須となっています。カタリストでは、アメリカ訴訟を始め調停や調査などの案件のレビュープロジェクトを最初から最後まで管理しサポートする「プロジェクト・コンサルタント」を日本にも配置しています。

eディスカバリ・プロジェクトマネジメント経験

カタリストのプロジェクト・コンサルタントは、関連業界での経験が豊富で、eディスカバリをよく知っています。単純なテクニカルサポートやカスタマーサポートに留まらず、お客様と話し合ってそれぞれのケースに最適なレビュー方法のアドバイスを行ったり、必要なリソースを確保したり、サーチのお手伝いをしたりと、案件を総合的にサポートおよび管理します。

国境・時差を超えたサポート

当社では、東京だけでなく、アメリカにインターナショナル・プロジェクト・コンサルタント・チームおよびクライアントサポートチームを置き、時差を超えて東京オフィスの営業時間外もサポートが可能です。このため、東京チームにかけたリクエストに対し、インターナショナルチームから完了報告を受けることも稀ではありません。逆もまた然りです。

バイリンガルサポート

レビュー文書だけでなく、ケースチームも国際色豊かなケースが多くみられる昨今、プロジェクトのマネジメントも単一言語のみでは不可能です。日本カタリストのプロジェクト・コンサルタントは全員日英のバイリンガルであり、両言語での案件のサポート、管理、アドバイス、海外とのコミュニケーションなど、様々な場面で臨機応変に対応いたします。

更に、プロジェクト・コンサルタントは、お客様と話し合いを重ねながら、個々の案件の見通しを立て、必要なリソースを特定・確保し、レビュー方法やCRの効果的な使い方などについて助言します。またトラブルが起きたときには、窓口としても機能します。当社のプロジェクト・コンサルタントには、日英両言語に加え、技術的問題と法律的問題の双方を理解すること、また文化の違いを超えた高いコミュニケーション能力が求められ、業界経験とともにカタリストプロジェクト・コンサルティング・サービスの最大の強みとなっています。

 

 

e-max.it: your social media marketing partner

カタリストについて

独自のツールで訴訟や社内調査などのプロセス効率化に力を発揮し、コストと時間を最小限に抑え、万が一に備えるソリューションを提供しています。

お問い合わせ

合同会社日本カタリスト

107-0052 東京都港区赤坂2丁目8番3号
モドマルシェ赤坂3階
代表電話番号 03-6441-2270
FAX番号 03-6441-2271

info-japan@catalystsecure.com |  Privacy Policy

 


RT @J_SachsEsq: Via @Legaltech_news How the FBI Breaks Absolute Encryption, and How It Doesn’t https://t.co/TIyBWIW91q #encryption #FBI #da

CLOC Survey Shows Legal Departments Still Spending More Externally https://t.co/nYppxsILmP via @corpcounsel

Resource Alert: Chinese translation of 2017 DOJ Fraud Section guidance - The FCPA Blog - The FCPA Blog https://t.co/thIOzJM16Z