現在、全米28州以上において、弁護士はテクノロジーを熟知する倫理的義務を負っていると言われています。 事実、カリフォルニア州弁護士会の倫理見解では、近年eディスカバリへの対応を含め義務化を拡大しています。 CA Formal Opinion 第2015-193号。

さらに連邦裁判所は、文書を作成する義務を規定するための新たな規則を実施しています。 これは、弁護士がクラウド技術の使用、外部ベンダーによる特権文書の保管、スマートなコンピュータ・アルゴリズムによる重要な作業に頼ることを、倫理的懸念事項として取り組んでいるためです。当社創業者であるJohn Tredennickが米国Law Technology Todayに寄稿した記事をぜひお読みください。リンク先は英語です。

記事をもっと読む>>

カタリストについて

独自のツールで訴訟や社内調査などのプロセス効率化に力を発揮し、コストと時間を最小限に抑え、万が一に備えるソリューションを提供しています。

お問い合わせ

合同会社日本カタリスト

100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目8-3
丸の内トラストタワー本館18F
Phone: 03 4560 6905 
FAX: 03 4560 7899

info-japan@catalystsecure.com | Privacy Policy

 


Register early for our April 3 @acedsonline webinar to learn new @TSCSedona guidelines on #legalholds with our… https://t.co/VpzGATPmwU

Join our webinar next week with @TodaysGC to learn how to properly respond to and contain a crisis using #legaltech: https://t.co/mRtduwlbdN

RT @OpenTextDiscov: Defend your legal content from inside and outside threats with @OpenText eDOCS Defense. Learn more about our new #infos