ケーススタディ

  1. All
  2. TAR 2.0
  3. Enterprise
  4. Law Firms
  5. Multi-Language
大手銀行が革新的な e ディスカバリ・テクノロジーを利用して レビュー費用の大幅削減に成功

大手銀行が革新的な e ディスカバリ・テクノロジーを利用して レビュー費用の大幅削減に成功

カタリストの Insight Predict を利用して情報開示用のレビュー費用を 94%削減 弊社のクライアントである大手銀行は、今は倒産してしまったある融資先と面倒 な訴訟を抱えていました。... >>

第 2世代 TAR(TAR2.0)で日本の特許訴訟向け 文書レビ ューを効率化

第 2世代 TAR(TAR2.0)で日本の特許訴訟向け 文書レビ ューを効率化

継続能動学習で 85%以上の費用削減に成功 ある日系グローバル企業が、国際特許訴訟で大規模な文書の開示を求められました。最初に収集したレビュー対象文書の数は 200 万点を超える程度でしたが、一... >>

Case Study フォーチュン 20 企業がカタリストのマルチマター (複数案件用) e ディスカバリ・プラットフォームを利用して数百におよぶ案件を 管理

Case Study フォーチュン 20 企業がカタリストのマルチマター (複数案件用) e ディスカバリ・プラットフォームを利用して数百におよぶ案件…

世界最大規模の訴訟案件をかかえたある会社が、関連文書数が3億件に達し、世界的な大手法律事務所60社が関わる125件もの特許・商標・規制関連訴訟案件のディスカバリを、効果的に進めることができた理由を... >>

グローバルテクノロジー企業がカタリストの力を借りて 知財関連訴訟の頻発に対処

グローバルテクノロジー企業がカタリストの力を借りて 知財関連訴訟の頻発に対処

あるグローバルテクノロジー企業が知財関連訴訟の頻発でeディスカバリのデータの激増に直面し、危機的状況に陥りました。同社はまず競合先の1社から告訴され、次いで別の競合先からも訴えられた結果、カタリス... >>

日本語ドキュメントのレビューのために、言語に関する専門知識 とプレディクティブ・ランキングを活用してレビュー対象数を 52%削減

日本語ドキュメントのレビューのために、言語に関する専門知識 とプレディクティブ・ランキングを活用してレビュー対象数を 52%削減

米国の大手法律事務所は、日本語と英語が入り混じったドキュメントセットのレビューに際し、日本語のドキュメントについてプレディクティブ・ランキングのテクノロジーを活用することを望んでいました。 プレデ... >>

カタリストCRを利用して FTCの大規模追加情報要請に対応

カタリストCRを利用して FTCの大規模追加情報要請に対応

カタリストCRで1.2テラバイトのデータのレビュー業務を支援し、FTCの追加情報要請に6週間で対応 ある世界最大規模の製薬会社は、他社の買収に正式合意していました。取引成立までの最後のハード... >>

大手銀行が革新的な e ディスカバリ・テクノロジーを利用して レビュー費用の大幅削減に成功

大手銀行が革新的な e ディスカバリ・テクノロジーを利用して レビュー費用の大幅削減に成功

カタリストの Insight Predict を利用して情報開示用のレビュー費用を 94%削減 弊社のクライアントである大手銀行は、今は倒産してしまったある融資先と面倒 な訴訟を抱えていました。その銀行は融資先の社長が不正な会計処理を行っ たために多額の融資が焦げついたと主張しました。訴訟が提起され、何度も釈 明が行われ、両当事者は互いに譲らず、どちらが責任を負うべきか見極めよう ということになり、証拠開示が行われることになったのです。 Read Full Case Study >> ... >>

第 2世代 TAR(TAR2.0)で日本の特許訴訟向け 文書レビ ューを効率化

第 2世代 TAR(TAR2.0)で日本の特許訴訟向け 文書レビ ューを効率化

継続能動学習で 85%以上の費用削減に成功 ある日系グローバル企業が、国際特許訴訟で大規模な文書の開示を求められました。最初に収集したレビュー対象文書の数は 200 万点を超える程度でしたが、一連のファイルを何度かにわけてアップロードし、レビュー期間中を通してそれを続けたところ、文書の総数は 360 万点にまで膨れ上がりました。莫大なレビュー費用がかかることから、クライアントは文書を一つずつレビューする以外の方法を模索することになりました。 レビューにかけられる時間はわずかで、クライアントは小規模なチームにこのプロジェクトを任せ 4 週間でレビューを終えたいと考えていました。文書は主として日本語で書かれていましたが、英語のものも多少混じっており、その多くに極めて専門的な内容が記載されていました。 Read Full Case Study >>... >>

日本語ドキュメントのレビューのために、言語に関する専門知識 とプレディクティブ・ランキングを活用してレビュー対象数を 52%削減

日本語ドキュメントのレビューのために、言語に関する専門知識 とプレディクティブ・ランキングを活用してレビュー対象数を 52%削減

米国の大手法律事務所は、日本語と英語が入り混じったドキュメントセットのレビューに際し、日本語のドキュメントについてプレディクティブ・ランキングのテクノロジーを活用することを望んでいました。 プレディクティブ・ランキングにより関連する可能性がある(likely relevant)日本語のドキュメントを識別できれば、レビューや翻訳に必要なコストと時間が大幅に削減され、法律事務所もクライアントから強く求められている予算の制約に対応し、裁判所から義務づけられている開示期限も厳守することができます。 Read Full Case Study >>... >>

Case Study フォーチュン 20 企業がカタリストのマルチマター (複数案件用) e ディスカバリ・プラットフォームを利用して数百におよぶ案件を 管理

Case Study フォーチュン 20 企業がカタリストのマルチマター (複数案件用) e ディスカバリ・プラットフォームを利用して数百におよぶ案件を 管理

世界最大規模の訴訟案件をかかえたある会社が、関連文書数が3億件に達し、世界的な大手法律事務所60社が関わる125件もの特許・商標・規制関連訴訟案件のディスカバリを、効果的に進めることができた理由をご紹介します。 ディスカバリの規模がこれほど大きいと、直面する問題も膨大になります。手続きの締切日が絶えず到来し、多額の費用が発生します。 Read Full Case Study >>... >>

グローバルテクノロジー企業がカタリストの力を借りて 知財関連訴訟の頻発に対処

グローバルテクノロジー企業がカタリストの力を借りて 知財関連訴訟の頻発に対処

あるグローバルテクノロジー企業が知財関連訴訟の頻発でeディスカバリのデータの激増に直面し、危機的状況に陥りました。同社はまず競合先の1社から告訴され、次いで別の競合先からも訴えられた結果、カタリストに検索と文書審査に関する協力を依頼しました。 Read Full Case Study >>  ... >>

日本語ドキュメントのレビューのために、言語に関する専門知識 とプレディクティブ・ランキングを活用してレビュー対象数を 52%削減

日本語ドキュメントのレビューのために、言語に関する専門知識 とプレディクティブ・ランキングを活用してレビュー対象数を 52%削減

米国の大手法律事務所は、日本語と英語が入り混じったドキュメントセットのレビューに際し、日本語のドキュメントについてプレディクティブ・ランキングのテクノロジーを活用することを望んでいました。 プレディクティブ・ランキングにより関連する可能性がある(likely relevant)日本語のドキュメントを識別できれば、レビューや翻訳に必要なコストと時間が大幅に削減され、法律事務所もクライアントから強く求められている予算の制約に対応し、裁判所から義務づけられている開示期限も厳守することができます。 Read Full Case Study >>... >>

大手銀行が革新的な e ディスカバリ・テクノロジーを利用して レビュー費用の大幅削減に成功

大手銀行が革新的な e ディスカバリ・テクノロジーを利用して レビュー費用の大幅削減に成功

カタリストの Insight Predict を利用して情報開示用のレビュー費用を 94%削減 弊社のクライアントである大手銀行は、今は倒産してしまったある融資先と面倒 な訴訟を抱えていました。その銀行は融資先の社長が不正な会計処理を行っ たために多額の融資が焦げついたと主張しました。訴訟が提起され、何度も釈 明が行われ、両当事者は互いに譲らず、どちらが責任を負うべきか見極めよう ということになり、証拠開示が行われることになったのです。 Read Full Case Study >> ... >>

第 2世代 TAR(TAR2.0)で日本の特許訴訟向け 文書レビ ューを効率化

第 2世代 TAR(TAR2.0)で日本の特許訴訟向け 文書レビ ューを効率化

継続能動学習で 85%以上の費用削減に成功 ある日系グローバル企業が、国際特許訴訟で大規模な文書の開示を求められました。最初に収集したレビュー対象文書の数は 200 万点を超える程度でしたが、一連のファイルを何度かにわけてアップロードし、レビュー期間中を通してそれを続けたところ、文書の総数は 360 万点にまで膨れ上がりました。莫大なレビュー費用がかかることから、クライアントは文書を一つずつレビューする以外の方法を模索することになりました。 レビューにかけられる時間はわずかで、クライアントは小規模なチームにこのプロジェクトを任せ 4 週間でレビューを終えたいと考えていました。文書は主として日本語で書かれていましたが、英語のものも多少混じっており、その多くに極めて専門的な内容が記載されていました。 Read Full Case Study >>... >>

日本語ドキュメントのレビューのために、言語に関する専門知識 とプレディクティブ・ランキングを活用してレビュー対象数を 52%削減

日本語ドキュメントのレビューのために、言語に関する専門知識 とプレディクティブ・ランキングを活用してレビュー対象数を 52%削減

米国の大手法律事務所は、日本語と英語が入り混じったドキュメントセットのレビューに際し、日本語のドキュメントについてプレディクティブ・ランキングのテクノロジーを活用することを望んでいました。 プレディクティブ・ランキングにより関連する可能性がある(likely relevant)日本語のドキュメントを識別できれば、レビューや翻訳に必要なコストと時間が大幅に削減され、法律事務所もクライアントから強く求められている予算の制約に対応し、裁判所から義務づけられている開示期限も厳守することができます。 Read Full Case Study >>... >>

カタリストについて

独自のツールで訴訟や社内調査などのプロセス効率化に力を発揮し、コストと時間を最小限に抑え、万が一に備えるソリューションを提供しています。

お問い合わせ

合同会社日本カタリスト

107-0052 東京都港区赤坂2丁目8番3号
モドマルシェ赤坂3階
代表電話番号 03-6441-2270
FAX番号 03-6441-2271

info-japan@catalystsecure.com |  Privacy Policy

 


Good article on the complexities of investigations and disputes with both criminal and civil law aspects ...:… https://t.co/3ZXda9mDCX

Great article featuring our VP of Marketing Bob Berger on content format challenges in #ediscovery.Full article here https://t.co/uifzckBZfX

Conducting Effective Internal Investigations: A Checklist for In-House Counsel https://t.co/TDFgZHOKct via @CorpCounsel #eDiscovery