Insight の機能

法務事案の処理を容易に

訴訟関連テクノロジーにかかわってきた15年余の経験を生かし、法務担当者が複数当事者や複数言語の関わる複雑な法務事案の処理をより容易に行えるようにするための機能をInsightに凝縮しました。

強力な検索機能

超高速のマルチモーダル検索:必要な情報を瞬時に発見

Insightのフィールド検索機能とテキスト検索機能は、市販製品の中で最も強力です。動作はきわめて高速で、何千万件、何億件の文書に対して複雑な条件を設定してフィールド検索やテキスト検索を行っても瞬時に動作します(100万字以上の文字列で検索テスト済み)。しかも、Insightの検索はブール代数に基づく検索システムよりはるかに優れています。

結果を絞り込む際にファセット検索を使用してフィールド値を分析したり、Meet and Confer(面会協議)に備えてキーワードを分析するために追跡検索機能を利用したりすることが可能です。さらにパワーサーチを使用すれば、1回のクリックで1000件もの検索を実行することができます。

  1. Tracked Search
  2. Power Search
  3. Faceted Search
  4. Screens
  1. Communication Reports
  2. Timeline
  3. Screens

分析内容の視覚化

グラフ、チャート、タイムライン、ソーシャルネットワークをリアルタイムで表示し、データを視覚化

標準的な検索結果ページの表示は、配列やプレビューの方法がより柔軟になり、1列に3つのフィールドを重ねて表示できる機能が追加される等改善されていますが、そればかりでなくデータの視覚的な表現が可能になっています。

検索結果データの1つもしくは複数のどんなフィールドごとの値についても、表示方法をまとめてテーブル(表)からチャート(グラフや図表)へ変更することができます。タイムライン表示に切り替えると、日付による絞り込みが可能になります。また、コミュニケーション・エクスプローラー、コミュニケーション・トラッカー、コミュニケーション・レポート等の表示方法を選択すると、一人の人物から発信されたEメールや多数の人物間のEメールのやり取りを追跡することも、2人の重要参考人に絞ってやり取りの経過を観察することもできます。

レビュー・ワークフロー

レビュー・ワークフロー・モジュールを利用すればフォルダや表計算ソフトは不要

レビュー担当チームを編成しカタリスト独自のレビュー・ワークフロー・モジュールを利用すると、レビューを効率的かつ簡単に行うことができます。レビューのステージを計画にあわせて設定し、ドラッグしてレビュー・プロジェクト・ダッシュボード上の好きな場所に移動したり、ユーザーとワークフローのルールを設定してレビュー済みの文書が動く先の次のステージを決めたりすることができます。

設定が終わると、あとはレビュー担当者に任せられます。レビュー担当者は必要に応じいつでも文書を取得して自分に割り当てることができます。レビューの進捗はレビュー・ダッシュボードで確認することができ、進捗具合、生産性、タグ付けパターンの推移を記したレポートの作成も可能です。

 

  1. Review Module
  2. Screens
  1. Highlights
  2. Screens

ページ遷移とハイライト

ハイライトが何万箇所にある場合でも、驚くほど素早くページをめくって読み進められます。

レビュー担当チームにとって、成果の主な指標は1時間あたり何件の文書をレビューできるかということです。Insightは、大容量のテキストファイルで膨大な数のハイライトがある場合でも、業界最速のスピードでページ遷移ができる設計になっています。[保存し、次へ]をクリックすると、次の文書が瞬時に表示されます。どれほど大容量の文書でも問題ありません。プログラミングのありとあらゆる技術を駆使して生産性が極限まで高められています。

他の製品と異なり、表示できるハイライトの数も無制限です。Insightは、巨大なテキストファイルにつけられた膨大な数のハイライトでも瞬時に表示することができます。もう製品の性能の限界を理由にレビュー業務において妥協をする必要はありません。

プロセシング(データ処理)とプロダクション(提出文書の作成)

自分のスケジュールに合わせて、自分でデータを読み込み、処理し、文書をレビューし、提出文書の作成をすることが可能です。

ベンダーの作業を待たずに様々なプロセスを自分の思い通りに進められます。Insightは、データの処理と読み込みから提出文書の作成まで、あらゆる作業が自動化されており、時間帯、週末、祝日を問わず、いつでも自分で実行できます。

カタリストは、大多数の他のベンダーと異なり、何年もかけて完全な自動システムを開発してきました。カスタマイズ可能な安全なFTPサイトを通じてデータを読み込むと、Insightが自動的に受信し、ユーザーの指定どおりに処理します。2008年以来、自動読み込み件数は12万5000件、作成された提出用文書は何億件にも達しています。

ユーザーコントロール

サイトの設定、ユーザーの管理、データの読み込み、分析、レビューの管理が可能

Insightは、カタリスト専用のデータセンターで安全にホスティングされているにもかかわらず、まるでユーザーの専用端末にインストールされているような感覚で使用できます。既存のモデルサイトをクローンしてのサイトの新設、ユーザーの管理や新規フィールドの設定、墨塗り(Redaction)用ラベルの選択、フォルダ構造、検索フィールド、ルックアップ等、様々な設定が可能です。

社外のレビュー担当者、社内チーム、外部専門家など、ユーザーグループによって異なる権限を付与することもできます。また、システムは(特定のセキュリティーグループしか利用できない)プライベート・フィールドの設定やフォルダおよび検索の共有・非共有に対応しているので、同じ案件に連帯して係わる弁護団同士や場合によっては相手方当事者と同じサイトを利用することが可能です。

無駄なく美しく、直感的でわかりやすく、驚異的

これ以上は望めないほどの高性能

無駄なく美しい、直感的でわかりやすい、驚異的だといった大げさな表現は、eディスカバリ用プラットフォームを表する言葉としてはあまり使われません。しかし、Insightユーザーからはそうした賛辞がよく寄せられます。実際にご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。簡単なデモをご覧いただくことも、2300万件以上の文書を備えたデモサイトもご利用いただけます。ご試用のうえ、ぜひご意見をお聞かせください。

GO NOW

カタリストについて

独自のツールで訴訟や社内調査などのプロセス効率化に力を発揮し、コストと時間を最小限に抑え、万が一に備えるソリューションを提供しています。

お問い合わせ

合同会社日本カタリスト

107-0052 東京都港区赤坂2丁目8番3号
モドマルシェ赤坂3階
代表電話番号 03-6441-2270
FAX番号 03-6441-2271

info-japan@catalystsecure.com |  Privacy Policy

 

Tweets


Good article on the complexities of investigations and disputes with both criminal and civil law aspects ...:… https://t.co/3ZXda9mDCX

Great article featuring our VP of Marketing Bob Berger on content format challenges in #ediscovery.Full article here https://t.co/uifzckBZfX

Conducting Effective Internal Investigations: A Checklist for In-House Counsel https://t.co/TDFgZHOKct via @CorpCounsel #eDiscovery