Category Archives: Case law

連邦裁判所が再度TARは手作業によるレビューより 有効と判断

eディスカバリとテクノロジー支援型レビュー(TAR)の歴史の中において、Malone v. Kantner Ingredientsはほんの些細な出来事にすぎないでしょう。たとえ些細な出来事でなかったとしても、この訴訟案件にはここで取り上げるだけの意味はほとんどないかもしれません。

最初の判例は2012年に米国治安判事のアンドリュー・J・ペック氏が出した画期的な見解書「Da Silva Moore v. Publicis Groupe」であり、これは裁判所がTARの仕様を認可した初めての事例でした。最新の判例は同じくペック判事が先日Rio Tinto PLC v. Vale SAで出した見解書で、同書には「判例法が形成され、開示側当事者が文書レビューにTARを使用したいと望んだ場合、裁判所がそれを許可するのが今や基本的法原則となっている。」という記述があります。 Continue reading

アンドリュー・ペック治安判事が法廷におけるTAR使用について議論

テクノロジー支援型レビューの使用を認める史上初の判決を出した米国治安判事のアンドリュー・J・ペック氏が先日、Legal Talk Networkのポッドキャスト番組Digital Detectivesにゲスト出演し、司会役でSensei Enterprisesの社長を務めるシャロン・D・ネルソン氏と副社長を務めるジョン・W・シメック氏から、TARの仕組みやどんな事例に向くのか、法廷でどのようにして受け入れられようとしているのかについてインタビューを受けました。

ペック判事がTARの普及に主導的な役割を果たしていることから、同氏の発言は本ブログの読者にとって興味深いのではないかと思われます。おかげさまでシャロン氏、ジョン氏、そしてLegal Talk Networkの了承を得ることができましたので、以下に番組内でペック判事がTARについて話している部分を抄録します。番組の全容はSoundcloudプレーヤーをご利用の上、Legal Talk Networkでお聞きください。 Continue reading