カタリストの歩み

1990年代初期、インターネットの威力がまだ知られていなかったころ、カタリストは米国中部の大手法律事務所Holland & Hart の一部としてスタートしました。

創立者であるジョン・トレデニックは当時、当該事務所の訴訟弁護士および最高情報責任者として、複数のオフィスやチームが共同でひとつの案件に携わる際、情報共有のあり方が非常に重要な課題となることを認識し、10か所に及ぶオフィス全てを結ぶテクノロジーについて構想を練っていました。

インターネットは、その構想にとり理想的な出発点を与えてくれました。はじめの一歩として、まずはウェブのフロントエンドをデータベースに組み入れ、電子メールをワークフローに取り入れることで、重要なイベントや期日前に予め通知を受けることができるようになりました。

ペーパーレスの時代へ

次に行ったのは、大量の書類のスキャンでした(当時はまだ紙を使うことが主体でした)。これにより、イメージによる書類の閲覧、テキスト検索を行い、時間と経費を大きく節減することができるようになりました。
そこで1998年、視野を広げ、エクストラネットを通して訴訟サポートを展開し始めました。

最初に約1兆ドル規模の内部告発関連訴訟に取り組み、事件が和解するまでの約10年間エクストラネットでデータのホスティングを行い、成功裏にプロジェクトを終えることができました。この成功をきっかけとして、すぐに50件以上の事件を取り扱うようになったのです。

まもなく多くのクライアントから法務部門のためのワークフロー・システムの開発を求められるようになりました。このシステムをウェブ・サーバ上で走らせ、ブラウザとインターネットの接続のみで必要な書類やデータをどこからでも閲覧することを可能にしたのが、まさにカタリストとして独自の道を歩み始める起点となったのでした。

カタリストの設立

法律事務所の一部門としての運営が難しくなった2000年、カタリストの前身となる会社組織を設立し、今日、カタリスト・レポジトリー・システムズとして、世界中でインターネットをベースとした製品とサービスでeディスカバリやその他の複雑な法律上の問題をテクノロジーの面から支援するに至りました。

 

カタリストについて

独自のツールで訴訟や社内調査などのプロセス効率化に力を発揮し、コストと時間を最小限に抑え、万が一に備えるソリューションを提供しています。

お問い合わせ

合同会社日本カタリスト

100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目8-3
丸の内トラストタワー本館18F
Phone: 03 4560 6905 
FAX: 03 4560 7899

info-japan@catalystsecure.com | Privacy Policy

 


RT @OpenText: Thank you to our dedicated @OpenTextDiscov team, who play just as hard as they work, for another successful #OTEW https://t.c…

RT @OpenText: We're going to the next level of partnership with @googlecloud. “Cloud is a strategic imperative, and OpenText is committed…

Announcing OpenText Discovery Release 16 EP6 https://t.co/a67AmAJlFV via @opentext