Dynamic Products

業界屈指の検索スピードと拡張性をもち、収集データの プロセスから検索、分析、レビュー、そしてプロダクションまで 一括管理が可能なプラットフォームです。

もっと詳しく →

Dedicated Team

当社は複雑な法務事案のレビューやプロダクションを効率化 するための戦略的な検索方法や予測分析を開発、15 年以上 クライアントをサポートし続けている実績があります。

もっと詳しく →

Key Benefits

多くのグローバル企業や法律事務所がeディスカバリやメール調査事案にカタリストを選んでいます。それはなぜでしょう?そこには多くの理由があります。

もっと詳しく →

無駄なく直感的で使いやすい高性能なツール

訴訟のみならず社内Eメール調査も効率化

当社のツールは強力な検索機能、分析内容の視覚化やハイライト機能など、法務担当者が携わる法務事案の処理をより容易に行うための機能を凝縮しています

もっと詳しく →

“Getting data to a review platform can be a painful and slow process. With Catalyst we post our data directly to our site. This cuts out delays and takes several information security concerns out of the data transfer process.”

Kathy D. Hogy, Vice President of Legal Discovery, First Data Corp.

Insight continues Catalyst's leadership in multi-language e-discovery, through its support for 280 languages (including Chinese, Japanese and Korean), its multi-language UI and its success with multi-language predictive coding.”

Gartner 2014

“I can’t believe how easy this is. A couple of clicks and I’m finding what I need.”

Steven Hartwig, CEO C-TEQ Data Consultants

"Insight's speed and scalability is stunning, and this latest Catalyst offering is built on an XML platform that presents one eye-popping feature after another."

William Hamilton, Partner, Quarles and Brady

“Catalyst has built the most powerful interface we’ve ever seen for searching complex content.”

Miles Kehoe, President, New Idea Engineering.

​Insight​ was stellar. Each and every search, copying to folder, bulk updating, printing and exporting worked flawlessly and quickly... As in most trial preparations, decisions are usually made last minute. Each processing and uploading project was done quickly and the documents were always ready when needed...”

​Senior Paralegal, Minneapolis, MN

The industry has never seen anything like this. Insight and Predict are game changers. Both DSi and our clients, as usual, are blown away by Catalyst’ innovation and delivery on excellence.”

Tom Turner, President & Founding Partner, DSi

“I just wanted to let you know how impressed we are with Insight. It’s fast, powerful and easy to use. The ability to use graphics to track email communications is really impressive.”

Russ Aoki, Partner, Aoki & Sakamoto

"Insight worked PERFECTLY.  Documents and coding forms loaded quickly. Searches worked every time.  The foldering structure was logical and easy to access. Tagging documents for depositions and the trial exhibit list was easy.  Everyone was impressed with the database and it made me look good.  Thank you very much."

Senior legal assistant, Minneapolis law firm

継続能動学習機能(CAL)

どのように機能し、何が今までと違うのでしょうか

2014年7月、eディスカバリ界を牽引する2名の人物、Maura Grossman弁護士とGordon Cormack教授が『継続能動学習機能』- 略してCAL- と呼ばれるテクノロジー支援レビュー(TAR) に使用される、新たな学習プロトコルの有効性についての調査結果を発表しました。その調査結果に示されたのは、CALは今までのTARよりもよりさらに早く関連性のある文書を見つけ出し、レビュー時間の短縮とコストの削減に繋がるというものでした。さらに、TARによって妨げられた問題を早い段階で解決し、レビューのプロセスをシンプルにするとともに、様々なケースにおいて有効であることを報告したのです。

もっと詳しく →

  1. ニュース
  2. ケーススタディ
  3. 会社・製品案内

テクノロジー倫理の理解度をテストする5つの質問

Thursday, Mar 01, 2018 | In The News

現在、全米28州以上において、弁護士はテクノロジーを熟知する倫理的義務を負っていると言われています。 事実、カリフォルニア州弁護士会の倫理見解では、近年eディスカバリへの対応を含め義務化を拡大しています。 CA Formal Opinion 第2015-193号。 さらに連邦裁判所は、文書を作成する義務を規定するための新たな規則を実施しています。 これは、弁護士がクラウド技術の使用、外部ベンダーによる特権文書の保管、スマートなコンピュータ・アルゴリズムによる重要な作業に頼ることを、倫理的懸念事項として取り組んでいるためです。当社創業者であるJohn Tredennickが米国Law Tech... >>

テクノロジーを導入しFCPAの罰金を回避する

Sunday, Jan 07, 2018 | In The News

外国腐敗行為防止法施行(FCPA)において新たに制定された方針は、企業内でのFCPA違反処理に重大な影響を及ぼす可能性があり、 これらの違反をいかに迅速に処理するかが重要になってきます。 当社創業者であるJohn Tredennickが米国Corporate Compliance Insightsに寄稿したこの記事では、e-discoveryソフトウェアがどのようにして、関連する事実を素早く根絶し疑惑を裏付けるか、また不正行為を排除するための当社の洗練された検索および分析ツールについて詳しく説明しています。記事は英語です。 記事をダウンロード>>... >>

企業内のEディスカバリ効率化への転換点はコストではない

Wednesday, Nov 01, 2017 | In The News

ブルームバーグBNAと当社主催によるアンケートから「法人の法務部門は今後の変化を見据えているものの、eディスカバリはその時ごとの臨時プロセスが依然として中心である」という結果を、リーガルテックニュース社のRhys Dipshanが記事にしています。 当社CTO(最高技術責任者)Larry Barelaは、「法務部門はeディスカバリに圧倒されていることはわかっていても、企業全体が‘本当に自分たちがe-ディスカバリのコストをコントロールしたい’と感じるようになるまでは、 彼らは変化を望まない」と述べています。リンク先は英語記事となります。 記事をもっと読む>>... >>

Insight Predictを使い、専門家による訓練なしに関連文書を見つける

2018年某日、あるビッグ4会計事務所から一件の依頼が舞い込んできました。「最近、ある調査案件を扱い、手元に既に関連性判断の付いた文書がある。仮にこの調査にInsight Predict(CAL機能を備えたTARエンジン)を利用していたとしたら一体どれ程効果があったのか、この文書を用いて実験してみて欲しい」 手渡された文書は約5,000件、「関連性あり」の判断がついた文書はその内わずか55件でした。 Read Full Case Study >> >>

大手銀行が革新的な e ディスカバリ・テクノロジーを利用して レビュー費用の大幅削減に成功

カタリストの Insight Predict を利用して情報開示用のレビュー費用を 94%削減 弊社のクライアントである大手銀行は、今は倒産してしまったある融資先と面倒 な訴訟を抱えていました。その銀行は融資先の社長が不正な会計処理を行っ たために多額の融資が焦げついたと主張しました。訴訟が提起され、何度も釈 明が行われ、両当事者は互いに譲らず、どちらが責任を負うべきか見極めよう ということになり、証拠開示が行われることになったのです。 Read Full Case Study >> >>

第 2世代 TAR(TAR2.0)で日本の特許訴訟向け 文書レビ ューを効率化

継続能動学習で 85%以上の費用削減に成功 ある日系グローバル企業が、国際特許訴訟で大規模な文書の開示を求められました。最初に収集したレビュー対象文書の数は 200 万点を超える程度でしたが、一連のファイルを何度かにわけてアップロードし、レビュー期間中を通してそれを続けたところ、文書の総数は 360 万点にまで膨れ上がりました。莫大なレビュー費用がかかることから、クライアントは文書を一つずつレビューする以外の方法を模索することになりました。 レビューにかけられる時間はわずかで、クライアントは小規模なチームにこのプロジェクトを任せ 4 週間でレビューを終えたいと考えていました。文書は主として日本語で書かれていましたが、英語のものも多少混じっており、その多くに極めて専門的な内容が記載されていました。 Read Full Case Study >> >>

Case Study フォーチュン 20 企業がカタリストのマルチマター (複数案件用) e ディスカバリ・プラットフォームを利用して数百におよぶ案件を 管理

世界最大規模の訴訟案件をかかえたある会社が、関連文書数が3億件に達し、世界的な大手法律事務所60社が関わる125件もの特許・商標・規制関連訴訟案件のディスカバリを、効果的に進めることができた理由をご紹介します。 ディスカバリの規模がこれほど大きいと、直面する問題も膨大になります。手続きの締切日が絶えず到来し、多額の費用が発生します。 Read Full Case Study >> >>

パートナー企業のご紹介

AOS Legal TechnologiesD3 ForensicsMYKアドバイザリー株式会社

カタリストについて

独自のツールで訴訟や社内調査などのプロセス効率化に力を発揮し、コストと時間を最小限に抑え、万が一に備えるソリューションを提供しています。

お問い合わせ

合同会社日本カタリスト

107-0052 東京都港区赤坂2丁目8番3号
km赤坂ビル ANNEX Ⅱ 3階
代表電話番号 03-6441-2270
FAX番号 03-6441-2271

info-japan@catalystsecure.com | Privacy Policy

 


Can you do good TAR with a bad algorithm? Join @mackmary @jtredennick and @Catalyst_Gricks for a live podcast on 1… https://t.co/dqybqmuBZJ

RT @DanielGoldEsq: #ICYMI! New Methods to Optimize Review in Compliance Investigations #webinar! Too many legal professionals approach #lit

RT @Cherwell: “It’s not about #disruption, it’s about finding ways to solve problems that people thought couldn’t be solved. #Technology is…